駐在員様の新生活総合サポート シリコンバレー不動産 California Real Estate Licenese #01464895 シリコンバレー・サンノゼ・サンフランシスコの賃貸住宅、賃貸オフィス探し

menu
close

賃貸住宅を探したい- 物件タイプ -

物件タイプによる長所と短所

一戸建て

1.一戸建て

【長所】

一戸建てはシリコンバレーの中でも一番高価な物件タイプです。一戸建てはプライバシーと広さを確保できます。シリコンバレーの一戸建ては2〜3つのベッドルームがあります。多くの一戸建ては広い敷地に建てられているため、大きな庭もついています。大抵一戸建てにはガレージ(駐車場)が付いており、ガレージから直接家の中に入ることが可能です。

【短所】

一戸建ての場合、プールやジムなどのアメニティが付いていません。セキュリティゲートがないため、アパートメントやコンドミニアムに比べ、セキュリティ面で弱くなります。多くのドアや窓は道路の高さと同じになるので、道路側からアクセスすることが可能です。

アパートメントと違い物件内に管理人がいない為、問題が起こった時は外部の方に連絡する必要があります。一戸建ては賃料に一番コストがかかる物件タイプです。

アパートメント

2.アパートメント

【長所】

アパートメントの敷地内には日本人駐在員様にとって魅力的なアメニティが多く用意されています。多くのシリコンバレーのアパートメントには、スイミングプール、テニスコート、フィットネスルームさらにパーティルームやバーベキュー用の道具などが用意されています。

アパートメントのもう一つの長所は、多重のセキュリティがしかれていることです。ゲートが設置されていたりエントランス部分にセキュリティがしかれていたり、出入りする人たちを監視するシステムがついているアパートメントもあります。また、各アパートメントにアラームや通報システムがついていることもあります。

何らかの理由で短期間の滞在を検討している場合は、アパートメントが一番良い選択肢になります。契約交渉をすることで、事前に希望期間の契約を結ぶことが可能です。また、数ヶ月の契約を検討している場合は、一か月毎更新の契約を結ぶことも可能です。

大抵の場合、アパートメントは一戸建てやコンドミニアムに比べて、家賃が安く抑えられます。

【短所】

騒音の問題が出ることがあります。特に小さいお子様がいらっしゃる方は、足音などで下の階の方に迷惑がかからないよう、1階にお住まいになることをおすすめいたします。音が反響する場合もあるので、普通に歩く音が聞こえる物件もあります。また大きな声やテレビの音なども聞こえる場合があるので、事前に心得ておくことが必要です。

平米数が大きいアパートもありますが、一戸建てと比べるとサイズは小さめになります。また、シリコンバレーのアパートメントでは、駐車場の問題も起こり得ます。駐車スペースが限られているため、ゲストの訪問の際に問題になったり、まれですが住人の方も駐車スペースを探すのに手間取ることがあります。

コンドミニアム(分譲マンション)の賃貸

3.コンドミニアム(分譲マンション)の賃貸

【長所】

多くのコンドミニアムが、警備サービスや通報システムなど通常以上のセキュリティを備え、日本人駐在員様の生活を守ります。
コンドミニアムは、スイミングプール、ジム、テニスコート、共有部のレセプションエリアなどのアパートメントではない高級感あふれるアメニティが用意されています。
コンドミニアムの場合、住人組合がルールや規則を決めており、全住人が従わなければなりません。組合は、物件オーナーと住人の間での問題を解決したり、ルールが守られ秩序が保たれているか確認しています。

【短所】

コンドミニアムの住人は、「コミュニティ」の一員になります。共有の壁を持つということは、近所の方の騒音が聞こえてくる可能性もあります。ただ、共有スペースは近所の方との交流が持てる場ともなります。
コンドミニアムは、高級アメニティが付いているため、大抵の場合はアパートメントより家賃が高くなります。

【現地時間】

※ご利用端末の設定が日本時間の場合の表示

日本語でお問い合わせください

フォームで問い合わせお問い合わせ

日本からのお電話
010-1-(650)556-3141

アメリカ国内からのお電話
(650)556-3141

学校の転入に関して よくある質問