家のトラブル対処法

こんにちは。

シリコンバレー不動産です。

本日は、家でおきるトラブルの対処法です。

アパートの場合は、最近ではウェブサイト上で賃料の支払いから、何かが壊れた場合にはメンテナンス リクエストを送ることまで、様々なことができます。

英語でうまく説明できない場合は、アパートでも一軒家でも、トラブルの箇所を携帯で写真を取り、アパートリーシングオフィスへ行き、その写真を見せたり、または、大家さんに写真を送ると、細かい説明をしなくても、すぐに理解してくれるので大変便利です。

その際に、相手が、「ストッパーが外れてるのね」と言ってくれたりすると、

(なるほど、この箇所はストッパーと呼ぶのね!)と英語の勉強にもなったりします。

結構家の細かい部分の英語って習わないものなので、このようにしていくうちに、色々な単語が身につきます。

トラブルを告げると、アパートの場合は、「Permission to enterを承諾しますか?」と聞かれます。ご不在の際に、メンテナンスチームがお部屋の中に勝手に入って直していいですか?という意味です。OKならYesと答えてください。もし無理な場合は、No, I want to make an appointment. と言って、時間をアパートと調整してください。

一軒家やタウンハウスの場合は、大家さんに連絡したら、大家さんが御用達の作業員から連絡が入ると思いますので、日時を約束してください。

水回りのトラブルは、深刻なものですので、ちょっとした水漏れでもすぐに大家側へ報告をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です